北極海航路が活況、ロシアの思惑は?

最短でアジアとヨーロッパをつなぐ海上ルート北極海航路(NSR)がまもなくシーズンを終える。
今年9月コンテナ船を含めた中国船舶では初めて中国遠洋運輸集団の商用コンテナ貨物船”永盛”がNSRを横断した。
NSRの新時代を迎え、今後の展開について各国の思惑を考察する。

記事はこちら↓
http://mainichi.jp/feature/nationalgeo/archive/2013/12/03/ngeo20131203003.html

コメントは受け付けていません。