日中、東シナ海のガス田共同開発で「重要な一歩」、協議再開目指す

2015年11月1日、香港紙・東方日報は、中国の李克強(リー・カーチアン)首相と
安倍晋三首相が、韓国・ソウル市内のホテルで会談し、
東シナ海のガス田共同開発の協議再開を目指すことで一致したことについて「重要な一歩だ」と報じた。

協議は、日本政府による尖閣諸島の国有化きっかけに中断していた。

中国メディアによると、李首相は会談で、
「中日関係は困難にぶつかった。過去を振り返り、
教訓を見いだし、両国間の政治的関係における敏感な問題を適切に処理し、
戦略的互恵関係という大きな方向性をしっかりと把握する必要がある」と述べた。

これに対し安倍首相は「日本は第2次世界大戦での深刻な反省に立ち、
平和発展の道を歩み続ける」と応じ、
「日中関係を改善・発展させていくことは、私の揺るぎない信念だ」と述べた。

(元記事:http://news.livedoor.com/article/detail/10780598/

コメントは受け付けていません。