日中経済交流:在中邦人数は約60年ぶり高水準

中国本土において長期滞在している日本人は1949年以来で最多を記録した。日本の外務省の最新データでは、2013年10月までの1年間で計15万300人に登るという。
政治面の対立とは対照的に中国滞在の日本人が増加している背景には、経済交流の増加があると分析されている。

詳細記事はこちら↓
http://news.mynavi.jp/news/2013/12/25/032/

コメントは受け付けていません。