「ニトリ」中国に第一号店をオープン

インテリア(家具)小売業大手の企業である「ニトリ」が、今年10月に、中国で1号店をオープンします。
1号店は中国内陸部の湖北省武漢市に10月1日にオープン、今後2022年までには中国内に100店舗オープンする予定です。

中国1号店舗面積は約2020平方メートル(約613坪)と日本で開店しているニトリでの標準的な店舗(3300~6600平方メートル)に比べると小型ですが、中国での知名度が高まったら、店舗開店のペースを上げる予定とのこと。
店舗名は「NITORI」。

ニトリは現在、台湾で18店舗、米国では「アキホーム」の名称で5店舗を展開しており、海外進出は中国が3ヵ国・地域目となります。

今回のニトリの進出は、広東や上海などの沿海部ではなく、内陸部です。
中国では、今まで沿海部を中心に経済政策による開発を進めてきましたが、現在は内陸部へと経済発展の基礎を移してきています。
これは、2010年の新たな5カ年計画によって、内陸振興政策が展開されている影響によるものです。

中国におけるニトリの活躍も期待ですが、今後、武漢市などの内陸部の注目が益々高まっていくことでしょう。

中国東風汽車、新モデルの販売好調と営業効率化で、予想上回る増益

[上海 29日 ロイター] – 中国の東風汽車が発表した上期決算は、市場予想を上回る54%の増益となった。新モデルの販売が好調だったほか、営業の効率化が寄与した。

純利益は85億1000万元(13億9000万ドル)と、前年同期の55億元から拡大した。香港証券取引所に提出した書類から明らかになった。

ロイターがまとめたアナリスト4人の予想は61億元だった。

東風汽車の徐平会長は、海外への事業拡大を推進していく意欲を鮮明にしたほか、日産自動車やホンダの提携では、不安定な日中関係からの影響にさらされぬよう、中国での事業体制をさらに改善していく方針を明らかにした。

元記事:中国東風汽車は予想上回る増益、新モデル販売好調

【東風汽車】ウェブサイト: http://www.dfmc.com.cn/
乗用車や、バス、トラックを生産している自動車製造企業で、中国国有の三大自動車製造企業グループの一つです。
国有の三大自動車製造企業は、「東風汽車」の他に「上海汽車」「第一汽車」が含まれます。
本社は武漢市にあり、工場は湖北省の十堰市・襄陽市・武漢市、広東省に多く立地しています(2014年9月現在)。