最前線 特派員 の紹介

中国の今をさまざまな角度からご案内していきます。

年収320万円の「中国で最も理想的な仕事」とは?

中国・四川省でこのほど募集された「中国で最も理想的な仕事」とは何か?
それは「ジャイアントパンダと一緒に暮らす」という求人であるという。
求人広告には
「あなたの仕事は1つのみ。パンダと365日一緒に過ごして喜怒哀楽をともにすること。上司なし、出張なし、残業なし。年収20万元(約327万円)にペットと専用車付き」
と書かれているとか。
応募を通じてパンダ保護に注目して欲しい意図もあるようだ。

詳細記事はこちら↓
http://news.searchina.net/id/1531962

北京モーターショー盛況、各社が新モデル発表

「北京国際モーターショー」が20日から10日間の予定で開催され、盛況となっている。
会場には環境配慮型の「グリーンカー」をはじめ計1000台以上が展示された。
中国は高級車市場は早ければ2016年にも米国を超えて、世界最大規模に成長する可能性がある(拠出:マッキンゼー統計)。
会場は北京市街から離れてはいるものの、警察は1日当たり12万人の来場を予想している。

詳細記事はこちら↓
http://www.cnn.co.jp/business/35046975.html

世界のごみを成長資源に 中国のリサイクル業界

「静脈産業」と呼ばれるリサイクル関連業界は、中国ではエネルギーと並んで製造業の糧となり、経済発展の基盤となる重要な国策産業となっている。
世界中の再生資源をのみ込んで巨大化する、中国のリサイクル業界を考察する。

中国は“資源”に飢え、世界中の“ごみ”をのみ込んで“資源”に変える。世界の再生資源の八割は中国に入ってくるという。廃棄物の流通と処理を請け負う“静脈産業”の発達と中国経済の躍進は表裏一体の関係となっている。

詳細記事はこちら↓
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014040702000003.html

東日本大震災「祈りの日」式典で陳氏作詞作曲の「大地の祈り」

東日本大震災「祈りの日」式典で、震災で大きな被害が出た宮城県女川町への女川復興支援ネットワークの支援活動が紹介され、中国の有名な作曲家、陳越氏が作詞作曲した「大地の祈り」に合わせ舞踊家の藤間浩菊さんが舞った。
震災当日、ある会社重役が女川町の工場で働いていた中国・大連からの女子研修生20人を避難させ命を救ったが、本人は津波にのまれ亡くなった。
これが中国で大きな感動の渦を巻き起こし、それを受けて陳氏が創作したのがこの「大地の祈り」。
芸術交流活動から共感の輪を広げていきたい。

詳細記事はこちら↓
http://vpoint.jp/column/updraft/14118.html

中国不動産開発大手、次のターゲットはレジャー

中国の不動産開発大手は次の大きな波をレジャーだとみているようだ。
中国南部の海南島に168の温泉プールや22コースからなる巨大ゴルフ場を建設し、今後は上海から高速鉄道で1時間の無錫(ウーシー)にディズニーランド式の遊園地を建設する計画もある。

詳細記事はこちら↓
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304278504579424392557887558.html

開設10周年祝う/高松―青島、大連コンテナ航路

2月25日、高松港と中国・青島、大連をつなぐ国際コンテナの定期航路開設10周年を記念した式典が、香川県高松市朝日新町の高松港コンテナターミナル内で執り行われた。
中国の船会社の代表に同ターミナル振興協議会長を務める浜田香川県知事が感謝状などを贈った。

詳細記事はこちら↓
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20140226000121

全長123キロ、中国が世界最長の海底トンネル計画

中国が世界最長となる海底トンネルの建設を計画していることが明らかになった。
遼寧省大連市と山東省の煙台を結ぶ全長123kmの鉄道用のトンネルは青函トンネルの約2倍の長さとなる。
トンネルが完成すれば大連~煙台の間がわずか40分で結ばれるという。

詳細記事はこちら↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3008500

旧正月にあたる「春節」を前に各地でランタンショー

中国の旧正月にあたる「春節」。これを目前に控え各地でランタンショーが始まった。
四川省の会場で、大小様々に鮮やかなランタンが並ぶ光景が、訪れる人たちを楽しませている。
※動画も配信中

詳細記事・動画はこちら↓
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00262097.html

JAL、「SKY SUITE 767」を東京/成田〜シンガポール・ハノイ・大連・ソウル/仁川線に2月中旬より順次投入!

JAL(日本航空)は「SKY SUITE 767」を搭載したボーイング767-300ER型機を東京/成田〜シンガポール・ハノイ・大連・ソウル/仁川線に投入すると発表。

エコノミークラスには、新座席「SKY WIDER(スカイワイダー)」を導入。また、ビジネスクラスには、全席通路アクセスが可能なフルフラット型の新座席 を導入。

詳細記事はこちら↓
http://www.traicy.com/archives/8210292.html